ミニマリスト図書館

エンジニア目線で日常生活をちょっとだけ豊かにするためのブログ

Sublime TextをEvernoteエディタにしよう

始めに

Evernote使うんですがーがー。
どうも公式アプリが使い慣れない。
ショートカットキーが違ったり、デザインが慣れなかったりたりたりー。

やはり、手慣れたエディタから編集したいもの。
iOS, Androidアプリでは多々でてますが、いつものエディタで行いたいですよね。

と、いう事で

今回もSublime TextのPluginです。
Evernote - Packages - Package Control

早速インストール
Package Control で「Evernote」と検索すれば出てきます。

基本操作

⌘ + Eを押す事で、Evernoteコマンドを選択出来るようになります。
作成, 読み込み, 保存が主に使う機能になるかと思います。

作成

作成時は下記になります。
Sublime Textで作成した後に、Evernoteへ転送する形式になります。

開いているテキストをEvernoteへ新規ノートとして転送
転送タイミングでタイトルやノートブック, タグを入力

  • New empty note

タイトルやノートブック, タグを入力するテンプレートが生成
この後、Send to Evernote as new noteする事で入力した情報が反映
(すいません、ここの使い方曖昧です;)

読み込み

読み込みは下記になります。
Search Note使う機会のが多いかと思います。

  • Search Note

検索ワードからノートを検索

ノートブックを選択し該当ノートを開く形式

保存

保存はなく、同期を行う事になります。
編集した後は自動同期になりません。
また、⌘ + sでは同期されないので、注意です。

編集した内容の同期をかけます
Upだけ入力すると、候補絞られるのでreturn押せばOK

まとめ

使い慣れたエディタでの編集良いですね。
何よりDockがスッキリするので最高です。

まだ不便に感じないので、後々必要であれば改善案上げますー。