ミニマリスト図書館

エンジニア目線で日常生活をちょっとだけ豊かにするためのブログ

iPadを電子ノート化しようとして、スタイラスペンをいくつか試した話

頭の中整理したりするのに紙を使うんですが
なにぶん、整理する目的で使ってるノートなので見返すのに利用しない。
(見返せるように書けばいいではないかというのはナシで)

そんな中、iPadをノート化すれば
手軽に書けて消せるし、何とか出来ないかなーと思った次第。

スタイラスペンが色々販売されているので、何個か試してみました。

Jotシリーズ

先端に円盤がついたタイプ

  1. 見た目はシャーペンやボールペンだが違った全く違った書き心地
  2. 反応速度が遅く、位置もズレる
  3. ペン先が見えない
  4. 書くのに変な違和感 (慣れるまで少し時間がかかる)

先端が丸いゴム状のタイプ

以外と書きやすい

  1. Jotシリーズ」の円盤タイプより書きやすい
  2. 持ちにくいものが多い

ピック型ペン

一時期、ペットボトルのお茶についてきた製品です

  1. 極限の小ささなので、直感的に書きやすい
  2. ペン形状じゃないので、ものすごい持ちにくい

JotScript Evernote Edition

約10,000円のスタイラスペン
ここらになると、ソフトウェアもありきになってきます

  1. パームリジェクションついてますが、反応が悪い
  2. 他の数千円台のスタイラスと大きく変わらない

その他

テストをiPad2で行っていたのですが
iPad miniでも試してみた所、反応速度が少し上がった印象です。

スタイラスペンは良いが
端末がまだ追いついてないだけかもしれませんね。
端末性能上がったら、同じペンで試してみたいと思います。

最後に

上記、前提条件として絵でなく、文字を書く用途での内容になります。
使いやすかったランキングをつけるならば

  1. ピック型ペン
  2. JotScript Evernote Edition
  3. 先端が丸いゴム状のタイプ
  4. Jotシリーズ

いかんせん、しっくりくるのがないなー。
Surfaceのデジタイザが滑らかすぎて、感動しそう。
これがスタイラスとデジタイザの違いか......