ミニマリスト図書館

エンジニア目線で日常生活をちょっとだけ豊かにするためのブログ

メルカリ初心者が商品を出品して、不安の中取引まで行った時の話

ちまたで噂のメルカリ。
色々、トラブルも聞くけれどもどういうものなのかイマイチ判っていません。

昔の Yahoo オークションのようなイメージでしょうか。
何にせよ、実際に使ってみるのが一番わかりやすい。

家の中で余っている物があったので、商品を出品して試してみました。

利用方法

まずはアプリのインストール。
何か面倒な手続きがいるのかと、構えて取り掛かりましたが
簡単な情報入力して、ユーザ登録を行えば完了。

ウェブサービスでの会員登録を行うのと同じレベルで行えます。

いざ、出品

出品となると、たくさん入力する項目があって
審査もあって、反映されるまでのなかなか時間がかかるものじゃないかと思ってましたが

右下の出品ボタンを押して
写真とって、簡単な説明入れて。おしまい。
Twitter でつぶやくかのような感覚で、出品が完了しました。

そこまで凝った説明入れても、高額商品でない限り読んでもらえないので
3分で完了です。

あとは結果を待つだけ...

ユーザからのリアクション

これも、最近の SNS と近しいものがあり
「いいね!」や「コメント」がつけられます。

自分の場合、値切り交渉のコメントがきました。
処分する予定のものだったので、値段設定にこだわりもなかったため了承。

そのまま、即取引となりました。
約1日で取引まで行ったので、出品するものによっては良いお小遣い稼ぎになるかもしれません。

最後に

気軽に出品もできて、購入も手軽にできるサービスです。
ただし、手軽さ故にトラブルに出くわす可能性も十分考えられますので
事前にユーザ情報を見るなり、コメントでのやり取りを行うなり用心をした上で行う必要があります。

ラインナップも豊富で、処分予定のものを出品されている方もおり
破格の値段で欲しいものが手に入る可能性も高いので、是非気になる商品があれば利用してみてはいかがでしょうか。